「私がじゃなくて、すべてのものがエネルギーそのものなのよ。
だから、わざわざ繋がらなくても、いつもそれに満たされている事は可能なの」

「でも、今まで俺が学んだ人達は、大元のエネルギーと切り離されているからいけないって言ってた。
だからそれと繋がる必要があるって」

「私もずっとそう思ってた。でも、そんなのやっぱり変だわ。
エネルギーと切り離された状態で、何も存在するはずなんて無いもの」

「存在自体がエネルギーだから・・・」

メモリー 6 「回顧」


足りないって思っているのは、あなたの思いこみにしか過ぎない。