私は自分の場所だと言う事にその時気づいた。
私のいるべき場所。
その社は確かに私を待ち続けていた。
私は頬を涙が伝うのを感じた。
胸がぐっと締め付けられ、何かが私の魂を掴み出そうとしているように感じた。
それは快感でもあり不快感でもあり、そのどちらでも無かった。

メモリー 6 「回顧」


自分のための場所。
あなたはそれを持っていますか?