「るゐさん。大丈夫?」私が言う。

 彼女の目から止めどなく涙が溢れる。
私は暫くそのまま抱き締めて泣かせた。
愛おしかった。
とても無理をしていたのだろう。彼女は肩を震わせながら泣いた。
暫くそうしておいて、私は彼女を座らせた。

「るゐさん、よく頑張ったのね」

「めぐみさんこそ・・・」

メモリー 14 「愛」


こんな思いやり方もある。
あなたは今誰かに優しくしていますか?